抗 悪性 腫瘍 剤 処方 管理 加算。 特定薬剤(ハイリスク薬)管理指導加算の算定要件と服薬指導について解説

加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

4 「2」において、処方料における内服薬の種類については、区分番号「における内服薬の種類と同様の取扱いとする。 エ】遺伝カウンセリング加算に係る施設基準の届出を行っている他保険医療機関の臨床遺伝学に関する十分な知識を有する医師と連携して指導を行った場合においても算定できる。

13
加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

ボクのオススメは通勤時間が短い薬局に転職すること。 ただし、処方箋の受付1回につき1回に限り算定するものであること。 エ 指導内容等の要点を診療録又は看護記録に記載すること。

7
加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

4 対象となる医薬品に関して患者又はその家族等に対して確認した内容及び行った指導の要点について、薬剤服用歴の記録に記載すること。 イ がん患者指導管理料ロの算定対象となる患者は、がんと診断された患者であって継続して治療を行う者のうち、STAS-J(STAS日本語版)で2以上の項目が2項目以上該当する者、又はDCS(Dicisional Conflict Scale)40点以上のものであること。 処方されたすべてのハイリスク薬について指導を行いなさい。

6
加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

)した場合に算定する。

3
加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

なお、上記の要件を満たさない場合は、原則として次に掲げるいずれかの対応を行うこと。 ようするに無料登録するだけで3000円の参考書が実質無料でゲットできるってコトです。 1回の薬歴で共通する5項目をすべて網羅する必要はありません。

加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

8 区分番号A000に掲げる初診料の注2又は注3、区分番号A002に掲げる外来診療料の注2又は注3を算定する保険医療機関において、別に厚生労働大臣が定める薬剤を除き、1処方につき投与期間が30日以上の投薬を行った場合には、所定点数の100分の40に相当する点数により算定する。

1
加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

ただし、同一月において、区分番号及び区分番号は別に算定できない。

7
加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

(13) 「注8」については、区分番号「F100」処方料の(13)及び(14)に準じるものとする。 医療系ニュースをまとめて読めるので、毎日の情報収集が激的に効率化。 ウ 指導内容等の要点を診療録若しくは薬剤管理指導記録に記載又は説明に用いた文書の写しを診療録等に添付すること。

16
加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍 加算 処方 剤 悪性 管理 抗 腫瘍

また、「抗不安薬等の1日当たり用量の減少」には、一般名で用量を計算した場合に抗不安薬等の用量が減少している場合をいい、定期処方を屯服に変更した場合が含まれること。 )に対して処方を行った場合は、 特定疾患処方管理加算1として、 月2回に限り、 1処方につき 18点を所定点数に加算する。 通知 1 医師が処方する投薬量については、予見することができる必要期間に従ったものでなければならず、30 日を超える長期の投薬を行うに当たっては、長期の投薬が可能な程度に病状が安定し、服薬管理が可能である旨を医師が確認するとともに、病状が変化した際の対応方法及び当該保険医療機関の連絡先を患者に周知する。

12