トレッド ストーン シーズン 2。 『ジェイソン・ボーン』スピンオフドラマ「トレッドストーン」主要キャストが決定 ─ アメリカ・ロシア・北朝鮮、世界を股にかける群像劇

シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

また、『アルティメイタム』終盤では自分を狙っていた工作員を殺せる状態にありながら、殺さず見逃している。 女性副大統領が主人公なんですが、ダメダメな人ばかり。

シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

暗殺者の暗号はケイン(Cain)。 ボーンは洗脳工程が終了したテストとして、ロシア議会議員であるウラジミール・ネスキー暗殺作戦を指示され、罪をネスキーの妻に着せる形で両名を殺害し、作戦を成功させたが実はロシアの石油王であるユーリ・グレツコフと癒着していたアボットが私利私欲のためコンクリンに命じて行った作戦であり、記録に残っておらず、後にトレッドストーン計画の後方支援要員としてボーンらのバックアップに当たっていたCIA局員のニッキー・パーソンズも知らなかった。

20
シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

年末年始のHDDに録りだめしていたTV番組を消化していて、アマゾンプライムビデオの存在をすっかり忘れていたが、英語の勉強のためにも、海外ドラマをまた見てみようかと思い立った。

シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

千空(CV:小林裕介)のナレーションによるPVには、初解禁となる第2期の最新映像も収録! 季節が冬へと移り、雪が降りしきる中、決戦に向けて闘志を燃やすキャラクターたちの熱い想いが描かれています。 。 著:ロバート・ラドラム、訳:『暗殺者』(上・下)、〈〉、1983年刊行。

3
シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

もう一つの時間軸は現在で、何者かによって起動し始めた「アセット(映画で使用された暗殺者たちの呼称)」たちは、標的を暗殺し始める。 1人は数十年前の過去の話なので時々わかりにくい場面があったり、始めのうちは敵味方がハッキリしないので混乱しましたが、テンポの良い展開と見応えのあるアクションで数エピソードを一気に見てしまいました。

シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

バルセロナでの作戦を手を組んだパートナー(チャニング・テイタム)と共に依頼を遂. 北朝鮮から中国まで宅配メッセージをお届けするソーユン というわけで、アクションも迫力あり(とりわけエド&ヘインズ、ソーユンあたりが頑張ってる)、なかなか面白いのでおススメ! 面倒なことに足突っ込んじゃったエド君. 「トレッドストーン」は 映画「ジェイソン・ボーン」シリーズのドラマ版で、ジェイソン・ボーンたち暗殺者を生み出したトレッドストーン計画の前日譚の話です。

10
シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

ボーンはCIAが考案したトレッドストーン計画に、父のテロによる死をきっかけに自ら志願していることが判明しているが詳細な理由は語られていない。 髪の色や棒術の訓練など映画版『ハンナ』のオマージュが多く見られ、映画版の監督であるジョー・ライトがコンサルタントとしてクレディットされている。

11
シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

ストーリーの中で主要な人物が何人か登場し、それぞれにまつわるシーンがどんどん展開される。

シーズン 2 ストーン トレッド シーズン 2 ストーン トレッド

トレッドストーンの起源は1973年の東ベルリンに遡る。 (英語). 2002年の『ボーン・アイデンティティー』に始まった俳優マット・デイモンの代表的なスパイアクション映画『ジェイソン・ボーン』シリーズ。