マガジン 連載。 月刊少年マガジン

連載 マガジン 連載 マガジン

(原作:、漫画:)• ()2012年2月号 - 2013年6月号• 1998年新年号 445万部• ()1982年 - 1987年• 派生誌およびウェブコミック誌 [ ] 本誌と同一の編集部 [ ]• (原作:、漫画:)• ()2017年11月号 - 2018年9月号• 1995年 - 1997年 210円• (1965年 - 1971年)• (漫画:、協力:)• (漫画:、協力:)• ()1975年6月号 - 1978年12月号、1988年1月号 - 1989年2月号• 、まんだらけ 札幌店 ヴィンテージ 毎日入荷情報、2012年10月30日 21:00:00。 」 時代に実写映画化 TVドラマ化 TVドラマ、実写映画、TVアニメ化 TVアニメ化 TVアニメ化 TVアニメ化 TVアニメ化 TVアニメ化 2000年 - 2005年 2000年代に入ると、1990年代中 - 後期の第2次黄金期を支えた主力作品の休載・終了が目立つようになり、部数は徐々に下降していった。

8
連載 マガジン 連載 マガジン

掲載作品 [ ]• 大半の再掲作品はマガジンの作品だが、一部青年誌からの再掲も含まれている。

17
連載 マガジン 連載 マガジン

()1975年10月号 - 1977年• 歴代編集長 [ ] この節のが望まれています。 だがこの頃の『マガジン』は『ジャンプ』だけでなく、『サンデー』や『チャンピオン』の後塵をも拝する状態となっていたが、「」のヒットによって漫画が定着。

15
連載 マガジン 連載 マガジン

(週刊少年マガジン(編集)『少年マガジンの黄金時代 特集・記事と大伴昌司の世界』講談社、2008年、59頁。

連載 マガジン 連載 マガジン

キャッチコピーは同年14号から翌1960年26号まで「ゆめと希望の少年マガジン」だった。 (・)2003年 - 2010年3月号• ()1998年10月号 - 2007年10月号• またの構成によるグラビア記事も人気に大きく貢献した。

10
連載 マガジン 連載 マガジン

「王者『ジャンプ』失速 『マガジン』と部数並ぶ 24年間の首位陰る」『朝日新聞』1997年7月28日付東京夕刊、1頁。

14
連載 マガジン 連載 マガジン

このため1975年1号より創刊以来親しまれた誌名ロゴを初めて大幅に変更するなどのリニューアルを行い巻き返しを図ったが、低迷からは思うように抜け出せなかった。 また、1998年から始まった「」がヒットし、関連グッズも飛ぶように売れ、そのことが後の『マガジン』の路線に多大な影響を与えることとなる。 アフガニスタンで起こったこと〜不屈の医師 物語〜 (三枝義浩) 2003年• 1990年代の第2次黄金期の基礎を築いた。

19
連載 マガジン 連載 マガジン

『海皇紀』各巻の奥付より。 「『ジャンプ』と『ガロ』漫画界象徴する両極の異変」『朝日新聞』1998年1月19日付東京夕刊、5頁。 ()1976年7月号 - 1979年3月号 は行 [ ]• 1970年3号 150万部• 2号に渡る前後編の読み切りや「出張掲載」と称して連続性はなくとも 例えば、半年や1年以上のブランクがあっても 2号以上の複数掲載であれば記載する。

15