時 透 無 一郎 夢 小説。 距離感?そんなの関係ない。【時透無一郎】

夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

__おおかた本部だろうと思ったが、道半ばで会えたのは幸いだった。 「大丈夫?戻ってきた?」 笑いながら首をかしげて私の視界に入ってきた時透無一郎。

5
夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

こくりと頷く姿を見つめ、ほんの数ヶ月でここまでやれるようになるなんてすごいなと感心していると、不意に投げかけられた問いに息が詰まった。 前回に引き続き大遅刻だわぁ。

夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

それは天賦の才能に加え記憶を失っても体が覚えている煮えたぎる怒りによって、 包帯も取れない重傷にあってなお血反吐を吐く程自分を鍛えて叩き上げたからである。 心を読まずとも、無一郎に勝てるようになりたかった。

3
夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

自分の忠告を聞かず無理を通して死んだ両親と無一郎がそっくりだと言い「人を助けるなんてのは選ばれた人間にしかできない」「俺達にできることは犬死にと無駄死に」と反対する。 杏寿郎や耀哉は?… 彼女 しのぶ は、どう思っているのだろうか? 景寿郎は今の己の姿をしのぶにはあまり見せたくは無かった。

夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

私は弱い。 時が経つというのは早いものである。

9
夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

外見良し内面良しのカナエさんに、叶えられないものは無いんじゃないかと思っちゃう ダジャレじゃないよ笑 カナエさんが柱として鬼殺してた頃の話、もっと知りたいなー。

2
夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

私が無一郎に向けた感情も、結局お姉ちゃんの猿真似だ。 鬼の感情はもっと獣のようで分かりにくいだろうと予想していたのにそんなことは無かった。

夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

どうすることも出来ないかな。 心の中は汚いモノでどろどろのぐちゃぐちゃで、喉からせり上がって止まらない。

夢 一郎 時 小説 透 無 夢 一郎 時 小説 透 無

「探しに行きましょう、きっと何か・・・」 「いや、お前達はもう寝なさい。 頭の中でぐるぐると考えを巡らすのではなくもっと直感じみた、自分の才覚に身を任せた無一郎なりの予測。

8