お盆 お布施 書き方。 【解説】お布施の名前・金額の書き方は?法要別の料金相場・お車代&御膳料も

お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

また、僧侶に対してのお布施は、不祝儀袋は使わず無地の封筒にお布施と書いて渡すようにしましょう。 「御膳料(食事代)」は僧侶が会食に参加しないまた会食を設けない場合に渡す。

2
お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

なお、一般的に「お布施」には水引は必要ありませんので、不祝儀袋には白無地の封筒を選べば問題ありません。 その他にも、お布施の包み方や渡し方にも大切なマナーがあることがわかりました。

お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

まず覚えておきたいのが、お布施というのがお香典などのような不祝儀と同じように扱うべきではないという点です。 親族が亡くなった後、自宅や法事会場に、お坊さんに来ていただくことが多くなります。

お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

お渡しするのはお坊さんが欠席するときのみですので、参加する場合は用意する必要はありません。 金額欄が印刷してあるものはそちらに記載し、金額欄がない場合は中袋の表面に記載します。

お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

旧字体は普段あまり使わないので、お布施の金額を書く場合は間違えないように気をつけましょう。 「心付け」は使わない 「お布施」のことを心付け(こころづけ)という人がいますが、お布施に対して心付けは使いません。

11
お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

僧侶に対する謝礼ですので、包むお札は古札ではなく新札が好ましいです。 なお、お通夜やお葬式へ参列してお香典をお渡ししたり、寺院へ出向いてお布施をお渡ししたりする場合には、袱紗(ふくさ)と呼ばれる風呂敷などに包んでお持ちするのが一般的です。 お布施の表書きの書き方 表書きには 「お布施」や 「御布施」など、お布施を渡す目的を書きましょう。

お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

毛筆が苦手な方は、ペンタイプの筆ペンを使うのがおすすめです。 ただし、名字だけを書いた場合は裏面にフルネーム・住所を書きましょう。 水引は必要ない 僧侶に感謝の意を込めて渡すお布施は、伝統的な奉書紙や簡易的な白い封筒など、包むものにかかわらず水引は必要ありません。

5
お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

その故人やご先祖を迎え入れるために、親戚やお坊さんを自宅に招きます。

9
お布施 書き方 お盆 お布施 書き方 お盆

自宅にお坊さんを招いてのお盆法要を行う場合などでは、 お経をあげてもらい、お坊さんが帰宅の準備をする前にお渡しするのが良いでしょう。 またお墓を閉じたり別の場所に移動する際に行う閉眼供養(墓じまい)時もお布施が必要です。