アシル coa。 【ベータ酸化】β酸化とは何?簡単にわかりやすく解説してみた

Coa アシル Coa アシル

CoA (補酵素A)の化学構造は、核酸関連の物質のビタミンの1種が結合したもので、酵素に分類されるものではありません。

9
Coa アシル Coa アシル

上の図にイメージ図をのせているので参考までにご覧ください。

8
Coa アシル Coa アシル

ミトコンドリア内のマトリックス部分に移動してきたピルビン酸は、ピルベートデヒドロゲナーゼという酵素の働きで、アセチルCoAとなります。 また、 1分子のアセチルCoAがクエン酸回路で代謝されると、3分子のNADH、1分子のQH2および1分子のGTPが生成されることから、 の 計10ATPが、1分子のアセチルCoAの分解によって得られます。 またトリグリセリドは、食物脂肪が分解された消化の最終産物です。

Coa アシル Coa アシル

最終的には TCA 回路で代謝される。 そして、このアセチルCoAは、TCA回路に入り、ATPをつくる反応に関与していきます。

3
Coa アシル Coa アシル

細胞質の脂肪酸はまず、 アシルCoAシンテターゼという酵素によって アシルCoAに変換されます。

9
Coa アシル Coa アシル

トリグリセリドの加水分解によって生じた 遊離脂肪酸(FFA)は体内循環するために血漿アルブミンと結合し、筋、脳、その他の組織のエネルギー源として直ちに吸収され働きます。 Rは炭化水素鎖です。 プロピオニルCoAはまず の作用でカルボキシ化され、D-が生成し、同時に1分子のATPが消費される。

2
Coa アシル Coa アシル

補酵素 A と結合した分子(主として脂肪酸)は、高エネルギー状態になる。

5
Coa アシル Coa アシル

ペントースリン酸経路で生産される補酵素である NADPHが、主に 生合成などに利用される補酵素であることを思い出しましょう。 このアシルCoAが、脂肪酸の「活性化」された状態になります。

1
Coa アシル Coa アシル

関連項目 [ ]• クエン酸回路• しかし、脂肪酸のままではミトコンドリアの内膜を通過することはできないので、 ミトコンドリア内に入っていくための準備として、脂肪酸はアシルCoAになります。