務める 例文。 「務める」の意味と使い方・由来や例文

例文 務める 例文 務める

この言葉がよく使われる場面としては、ある人物が何らかの立場や役職に就いていることを表現したい時などが挙げられます。 娘が学芸会で主役を務めることになった。 「つとめる」と読む漢字は、他にも「努める」「勤める」「勉める」など、同じ読み方でも使われる漢字が異なる言葉があります。

7
例文 務める 例文 務める

「励む」は「気持ちを奮い起こして努力する」「心を打ちこんで頑張る」という意味です。

例文 務める 例文 務める

その他には「仏道に励む」という意味でも使われています。

例文 務める 例文 務める

以上のことからもわかるように、「勉める」と「勤める」は、ほとんど同じ意味の言葉と言えます。

13
例文 務める 例文 務める

「務める」を使うのは、勤める会社であったり、 仕事に対して使うとは限りません。

例文 務める 例文 務める

この経験を生かして、お客さまと社内をつなぐ役割を果たしたいと思います。

例文 務める 例文 務める

彼の兄は貿易会社に 勤めています。 努めるとは 「努める」とは、「ちからを尽くしてあることを行う」という意味の言葉です。

8
例文 務める 例文 務める

遂行する(任務や仕事をやり遂げる)• 「尽力」とは、漢字のとおり「力を尽くす」という意味です。 「労務」とは、単なる仕事という意味ではなく、「報酬を受け取る目的で行われる勤務」のことです。

8